コスメ

眉マスカラのやり方あってる?上手な塗り方、使い方まとめ

投稿日:

眉毛マスカラ 塗り方

今日は顔の印象をパッと明るく変える眉マスカラの正しい塗り方について紹介したいと思います♡まだまだ眉マスカラを使った事がない女性も多いようなのでそんな眉マスカラ初心者の方の為に今回は上手に塗れる方法を紹介していきたいと思います( ^ω^ )是非、参考にしてください♡

眉マスカラとは?

眉マスカラの塗り方について

眉マスカラとは、眉毛の毛の部分にマスカラを塗り、着色するアイテムです。

 

眉マスカラだと落ちにくい

眉マスカラは、眉マスカラ用のパウダー(アイブロウパウダー)などで眉を描いた後に使うものです。眉マスカラは、眉毛一本一本をコーティングして塗っていくので、非常に取れにくいのが大きなメリットであり、一番の特徴です。肌に直接のせるようなペンシルやパウダーとは異なるので、汗や皮脂に強いため、取れにくいと考えられています。このように、汗や皮脂に強いので、夏場でも化粧崩れが少なく、化粧直しをする手間が省けるのはもちろんのこと、「眉毛がなくなってしまった!」なんてことを防ぐことができます。

 

眉マスカラだと垢抜けた眉を作れる

眉マスカラはベタ塗りするものではなく、眉毛の毛をふんわり色付けるものなので、ふんわりとした眉をつくることができます。凛々しい眉ではなく、今流行りのふんわりとかわいらしい眉を作りたい方にはぴったりです。眉マスカラを使うことで、立体的に眉をみせることができます。また、アイブロウペンシルなどで描いた時にできやすい、「色ムラ」や、生え方による「生えムラ」を調整してくれる役割をもつので、垢抜けた印象を作り出すことができます。

 

眉マスカラと使うと優しい眉に見える

もともと毛が濃く、眉毛の主張が強すぎて悩んでおられる方も多いと思います。眉マスカラは、毛の濃さを優しくしてくれるアイテムでもあります。濃い毛の上に、ペンシルなどで塗り重ねると、さらに眉の印象を濃くしてしまいますよね。眉マスカラは明るさも選べますので、毛の濃さを悩んでおられる方には、明るめの眉マスカラを使用することをお勧めします。明るい色の眉マスカラを一本一本眉毛にコーティングすることで、毛の濃さが緩和され、優しい眉の印象をつくることができます。

 

眉マスカラなら朝も楽ちん♡

眉毛は日々のお手入れが大事ですが、忘れてしまうとかもありますよね。朝のメイクの時間に気づいて処理していても、急いでいて失敗してしまうことも多いです。ですが、眉マスカラは毛に着色しますので、自分の好みの眉の形にあわせて眉マスカラを塗れば、多少のボサ眉でも、きちんと処理されている印象を与えることができてしまうんです。ふんわりとした優しい眉づくりにはとても向いているアイテムです。

 

眉マスカラの上手な使い方について

眉マスカラの上手な使い方について

眉マスカラってどの順番で使うのかわからない場合や、どこから塗り出せばいいのか、まつげのように失敗して周りについてしまうことはないのか、手順と合わせてそんな疑問にもお答えします。

 

1:アイブロウやパウダーで眉毛を書く

まずは、眉の形をアイブロウやパウダーでつくりましょう。ふんわりつくるなら、パウダーがオススメです。薄めのパウダーで眉頭を作っていきましょう。眉頭を離れている方でも、パウダーをおさえながら眉頭をつくることができますよ。眉尻や眉中の部分は少し濃いめをオススメします。毛が密集している部分には薄く、毛が少ない部分には濃いめにパウダーを置くことで立体的に、そして理想の形に仕上がりやすいです。

 


このあとに眉マスカラをつけていくのですが、パウダーやアイブロウは眉マスカラをつけることで、落ちにくくなります。これも、眉マスカラを使う上でのメリットです。

 

2:眉マスカラをつけていく

さっそく眉マスカラを付けていくのですがここでポイントごとに解説します♡

 

・眉マスカラのブラシについているマスカラの量を調節

まずは、ブラシのマスカラの量を調節します。ボトルからブラシを出すと、比較的たっぷりマスカラがついています。このまま眉につけてしまうと、べたっとついてしまい、本来眉マスカラの魅力である「一本一本をコーティングする」という特徴が発揮されません。そこで、使う前にマスカラボトルのフチや、余裕があればティッシュで軽くオフしましょう。初めての人は、この時、取りすぎじゃないかというくらいオフしてみた方が使いやすいと思います。つけすぎるとテカテカした眉になってしまいます。

 

・眉尻から毛に逆らってつける

眉マスカラメイクの成功のポイントはズバリこれです。これを知らないと眉マスカラは使いこなせません。眉尻から眉頭に向かって動かしていきましょう。一度につけるのではなく、細かく小刻みに、眉毛の毛を逆立てらように動かしていきます。そうすることで、しっかりと根元から眉マスカラを塗っていくことができますよ。眉尻や眉頭は、ブラシの先端(細くなっていますので)を使っていくと、失敗せずにつけることができます。

 

・仕上げに眉頭から眉尻まで一撫でする

眉毛を逆立てるように、眉マスカラを眉尻からつけ終わったら、いよいよ仕上げです。逆立てた眉毛を軽く撫でていくように、次は眉頭から眉マスカラでなでていきましょう。これもポイントは細かく小刻みに少しずつです。一度にすると眉の形からズレてしまいますので、眉の形を確認しながら少しずつがおススメです。眉マスカラは、毛の濃さを調節できる素晴らしいアイテムです。毛が濃い方は、パウダーなどをつけずに、眉マスカラだけでも、眉メイクを仕上げることができますよ。仕上げに、ブラシの先ではみ出た毛を、眉の中に入れ込むと、形も綺麗に仕上がりますよ。ふんわりかわいらしい今風眉メイクに、眉マスカラは必須アイテムです。

 

まとめ

眉マスカラの塗り方まとめ

今回は眉マスカラの使い方や塗り方について紹介してみましたがいかがだったでしょうか?最初に毛流れにさからって塗る事によってムラにならず全体的に眉マスカラの色を付ける事が出来るのでとてもオススメです♡是非、やってみてくださいね|д゚)

 

 

.

-コスメ

Copyright© Dressmaker , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.

運営者情報:ライフスタイル株式会社 TEL:0438-97-7383