人気の記事

アイクリームの正しい塗り方や使い方まとめ

投稿日:

アイクリーム 塗り方

アイクリームの効果的な塗り方って知っていますか?アイクリームを買ったけど適当に目元に塗っている方、いらっしゃいませんか?今回はアイクリームの効果的な塗り方について紹介したいと思います。良かったら参考にしてくださいね♡

アイクリームを塗る順番は?

アイクリーム 塗り方

化粧品の効果を発揮するためには、正しい使い方をすることが大切です。ただ使うだけではなく、効果をアップさせるためにはアイクリームの塗る順番が重要です。使う順番が明記されているものなら迷いはありませんが、何も表記がない場合にはどうしたら良いのでしょうか。

 

アイクリームはスキンケアの仕上げに

化粧品というのは、水分が多いものを先に使うと角質層を整えて、あとに使う油分が多いものの浸透が良くなります。アイクリームは水分よりも油分が多くこってりとしたテクスチャの製品が多いですので、化粧水や美容液、乳液のあとに使います。クリーム類は油分で成分が逃げないようにフタをするものですので、アイクリームのあとに使います。

 

肌がある程度乾いてからアイクリームを塗る

塗る時には慌てて塗ってしまうと、肌に浸透せずに肌表面で混ざり合ってしまいます。スキンケア用品は1つを塗ったらハンドプレスをして浸透させたり、少し時間を置くようにしましょう。肌がさらりとした状態になってからアイクリームを使います。そうすることでより効果的に、肌へ浸透させることができます。

 

アイクリームはいつ塗るの?

油分の多いアイクリームは夜のスキンケアのイメージがありますね。ですが夜にこだわることなく、朝のスキンケアでも使うことができます。ただし中には、日中使えない成分が入っていることもありますのでよく確認してください。朝のスキンケアでは、メイクで肌が乾燥しやすい人には朝使うのはオススメです。ただ夜のスキンケアのようにたっぷり塗ればいいというわけではなく、少量を塗るようにしたほうが、メイクのよれや崩れも防げます。メイク後、日中の目元のかさつきが気になる時にもごく少量をポンポンと馴染ませて使ってもかさつき改善に効果的ですね。

 

アイクリームの効果的な塗り方

アイクリーム 塗り方

目元のシワが気になるとついつい塗りこみたくなりますが、目元の皮膚というのは顔の中でも薄い部位ですので、刺激に対してデリケートです。アイクリームの塗り方次第ではシワや摩擦からシミを作る原因にもなってしまいかねません。他の部位よりも丁寧に優しく塗ることが大切です。

 

まずアイクリームを点置き

まずは使う分を手の甲に出して、指先でアイクリームを温めて柔らかくします。直接肌にのせると伸ばす時に余計な力がかかってしまいます。その後アイクリームをぽんぽんと、気になる目元に数箇所に分けて点置きします。間違えても、力を入れて置かないようにしてください。

 

アイクリームをなぞるように塗る

その後に目元にアイクリームを伸ばすのですが、指でなぞるように伸ばすのではなく、指の腹で押さえてなじませていきます。この時シワの流れに逆らうように、外側から内側へ向かって、目の周りを一周するように押さえていきます。すり込まなくてもこれだけでクリームは浸透していきます。最後に両目を指全体で包み込むようにして、ハンドプレスします。

 

アイクリームは薬指で優しく塗る

指先を使う時に塗りやすいのは人差し指ですが、人差し指では力が入りすぎてしまいます。ですから指の腹で押さえる時には、薬指を使うようにしてください。よくアイメイクする人はクレンジングで目元が乾燥しがちですので、一度なじませたあとに気になる部分に重ねづけします。

 

アイクリームと一緒にしたいマッサージ

アイクリームを塗った後は、目元の血行を促進するマッサージも取り入れてみましょう。

 

目の周りを優しくマッサージ

目の周りのくぼみ部分、こめかみ部分を軽く指の腹で押さえていきます。1箇所は3~5回程度押さえます。強すぎず、心地よく感じる程度の圧力を心がけてください。目の周りをぐるりと押さえたら、頬を包み込むようにして耳の後ろのリンパへと流していきます。目の疲れが気になる人は、眉頭の内側のくぼみ、眉尻の上のくぼみも一緒に押さえると効果的です。

 

血行促進とむくみ解消

血行が良くなればお肌に必要な栄養素も行き届きやすくなりますし、顔に溜まった老廃物も排出されやすくなり朝起きた時のむくみ改善にも効果が期待できます。毎日のアイクリームを塗った後の習慣にすることで、より必要な成分も肌に浸透しやすくなりますね。

 

アイクリームは目元にしか使えないの?

アイクリーム 塗り方

アイクリームは目元ケアのために作られているスキンケア用品ですが、目元以外に使うことも出来ます。油分が多いですので、美容液のように顔全体に使うことはあまりおすすめできません。いくら美容成分が入っていても、鼻や額に使えば皮脂が過剰分泌して吹き出物が出来る原因にもなりかねません。

 

ほうれい線にアイクリームがオススメ

目元以外には、乾燥しやすい口周り、ほうれい線に使うことができます。アイクリームというのは、皮脂腺が少なくて乾燥しやすい目元のために作られているため高い保湿力があります。ですので、乾燥が気になる部位やハリがなくなってたるんでしまったほうれい線に効果的です。

 

カサつく唇にもアイクリーム

薄くて乾燥しやすい肌に向いていますので、ほうれい線だけではなくかさついて困る唇に塗っても良いですね。唇は皮脂腺がないため、乾燥からシワやシミが出来やすい部分です。落ちない口紅のような強い刺激のあるものを使っていると、唇は乾燥しやすい状態になっています。アイクリーム自体はデリケートな部位のための化粧品ですから刺激の強いものも含まれていませんし、高い保湿力が期待できます。寝る前には目元、ほうれい線、唇に塗ることで気になる部分の保湿対策もばっちりです。

 

まとめ

アイクリーム 塗り方

今回はアイクリームの効果的な塗り方について紹介してみましたがいかがでしたか?せっかくアイクリームを塗るのならより効果的な塗り方をしたいですよね。もちろん、目元だけでなくほうれい線に使ったりと色々なケアにつかえるクリームなので是非、プチプラなものからつかってみましょう♡

 

アイクリームの口コミで人気の商品をまとめてランキング化した記事もあるので良かったら合わせて読んでみてくださいね♡

アイクリームのプチプラおすすめランキングまとめ

アイクリーム ランキング

アイクリームはたくさん種類があるからどれを使ったらいいかわからないという人必見!今回は口コミランキングでも評判が良く、安いのに効果抜群のプチプラおすすめ商品を紹介したいと思います♡

http://www.vet-epidemiol.jp/entry130.html

 

 

.

-人気の記事

Copyright© Dressmaker , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.

運営者情報:ライフスタイル株式会社 TEL:0438-97-7383