人気の記事

マツエクにビューラーをやっても大丈夫?マツエクの注意点とは

マツエク ビューラー
マツエク ビューラー

パッリチ目にかかせないマツエクはメイク時間も短縮できるしスッピンでもパッチリ( *´艸`)もはやマツエクはかかせませんね。確かにマツエクは楽ちんですがケアも大切ですし注意しなくてはいけないことが多々あります。今回、質問の多い中から「ビューラーの使用」についてお話していきたいと思います。

マツエクにビューラーはОK?

マツエク ビューラー

結論から言うとマツエクにビューラーはNGです!ホットビューラーも同様に使用NG!エクステが折れてしまったりマツエク自体が取れやすくなってしまいます。もっとひどい時は自まつげまで一緒にぬけてしまうことになってしまいます。特に挟むタイプのビューラーは絶対に使用しないでください。カール感に物足りなさを感じたら次回からカールを強くしてもらうようにアイリストさんにお願いすれば好みのカールにしてもらえますしもちろんビューラーも必要なくなります(*’ω’*)

 

・カールが弱い

マツエクをしたけどカールが弱くてビューラーで上げたい!と思っている方はマツエクにもカールの種類があるのでそのことをアイリストさんに相談してマツエクの毛の種類を自分の好みに変更しましょう。マツエクにはカールが強いものから弱いものまで自分のメイクに合わせる事ができますよ~(”◇”)ゞ

 

・数週間経つとボリュームがなくなる

マツエクを付けてから数週間経つと付けたばっかりのボリュームやカールがなくなるのでビューラーをしたい!という方はマツエクがいけないのではなくもしかしたら自まつげが傷んで元気がなくなってしまっている可能性も考えられます。なのでそういった場合にはまつげ美容液をこまめに塗って自まつげを元気にしてあげる事で以前のボリュームやカールを保ってくれるかもしれません( ^ω^ )

 

マツエクを長持ちさせるために

マツエク ビューラー

マツエクはしっかりケアしていれば3週間~1ヵ月ほど持ちます。毛質にも個人差がでてしまいますが少しでも長持ちさせたいですよね(;´Д`)基本的にマツエクを長持ちさせるには気を付けなければいけないことが多々ありますのでしっかり覚えておきましょう。

 

・擦らない

マツエクはグルー(接着剤)が油にとても弱いので出来るだけ「擦らない」「触らない」ようにします。手から出る油分でもマツエクは取れやすくなってしまうので基本的にマツエクは手で触らないようにした方が◎です( ^ω^ )

 

・クレンジングはオイルフリー

マツエクを長持ちさせたいならオイルが入っているクレンジングや洗顔料は使わないようにしましょう。接着剤がとれやすくなってしまいます。また、クレンジングの際は特に目の周りを配慮しましょう。綿棒などを使うと負担をかけずにしっかりメイクを落とすことができます。サロンによってはオイルクレンジングを使用して良いこともあるようなのでアイリストさんに聞いてみるのも良いですね!

 

・ドライヤーで乾かす

 

入浴・洗顔あとにはしっかりマツエクをドライヤーでかわかしましょう。このとき風は「冷風」で根本に乾かしてくださいね★決して、タオルで強く拭いたりしないようにしましょう。

 

・まつげ美容液を使う

何よりマツエクをしているならまつげ美容液は必需品です。ドライヤーで乾かしたあと、化粧水を塗る前にしっかりまつげ美容液を塗るようにしましょう。まつげに栄養を与えることにより丈夫でしっかりした毛になり抜けにくくなります。まつげが痛んできたという方はすぐにでもまつ毛美容液を使ってほしいです(;´・ω・)

 

まとめ

今回はマツエクのビューラー使用について紹介しました。またマツエクを長持ちさせる基本のポイントについても紹介しました。マツエクを付けてから数週間経つとカールが弱くなり、ビューラーをしたくなるという方はもしかしたらそれはマツエクのせいではなく自まつげの元気がなくなってマツエクを支えられなくなっているという事も考えられますのでまずは自まつげを元気にするため、まつげ美容液から使ってあげるといいですよ~♡

 

 

.