スキンケア

砂糖スクラブがひそかにブーム!その効果や作り方

投稿日:

砂糖スクラブ

砂糖スクラブって知ってますか?今、20~30代の女性の間でひそかなブームとなっているスキンケアの一つなんですがコスパも良く効果が抜群で始める人がとても増えているんです|д゚)今回はそんな砂糖スクラブの効果や方法について紹介してみますのでよかったらやってみてくださいね♪

砂糖スクラブとは?

砂糖スクラブ

砂糖スクラブとは、その名の通り砂糖を使ったスクラブのことです。角質が剥がれることでお肌がつるつるになるスクラブ。普通、スクラブと聞くと塩を思い浮かべる方が多いと思います。しかし最近、砂糖で行うスクラブが注目を集めているんです。砂糖は、アメリカでは保湿のためのスキンケアとして広く使用されてきました。日本でも古来から傷薬として使われてきた素材です。
塩はお肌を引き締めてサッパリとさせる効果がありますが、砂糖はお肌を柔らかくしてくれます。モチモチの柔らか肌になるためには、実は一般的な塩スクラブよりも砂糖スクラブの方が適していると言えます。

 

・佐藤スクラブの効果とは?

砂糖には、お肌を保湿し、柔らかく保つ効果があります。砂糖スクラブを行うことで、お肌をしっとりと柔らかい状態に保つことができます。そのため、砂糖スクラブをした後には化粧水や美容液などが良くお肌に馴染みます。また、砂糖の粒子が角質をしっかりと洗浄してくれるので汚れもすっきり。清潔で柔らかく、扱いやすい肌へと導いてくれます。また、砂糖は塩に比べて肌への刺激が少ないことも特徴です。赤ちゃんのスキンケアにも使えるくらい、優しい素材です。そのため、お肌が弱くてスクラブなど洗浄力の強いスキンケアを避けてきた人にもぴったり。砂糖スクラブに挑戦して、角質を洗い流してすっきりしましょう。

 

砂糖スクラブの方法

砂糖スクラブは体の様々な部位に使用することができます。

 

・顔に使用する場合

ザラついていると感じたり、硬さが気になる部分を濡らします。その部分にスクラブを塗り、クルクルと優しくマッサージしましょう。1~3分マッサージを行います。汚れを落としたいからといって、ゴシゴシ擦ってしまうとお肌を傷つける恐れがあります。余計な刺激を与えないように、ゆっくりと丁寧にマッサージしていきます。その後はサッと流してタオルで水分をふき取ります。お肌の浸透力が良くなっているので、いつもより多めに化粧水や美容液などを使ってケアしてあげましょう。

 

・ひじ、ひざ、かかとに使用する場合

ひじ、ひざ、かかとなど皮膚が硬くなりやすい部分にも砂糖スクラブは効果的です。気になる部分を水で濡らし、適量を塗ってマッサージします。お肌に擦り込むように、少し強めな力でマッサージをして構いません。1~2分ほど行いましょう。その後水で洗い流します。

 

・唇に使用する場合

まず、ぬるま湯で軽く唇を濡らします。その後、適量の砂糖スクラブを毛先の柔らかい歯ブラシに取って唇に乗せてマッサージします。唇の皮膚はとても柔らかく、傷つきやすいので、力は入れずに優しくマッサージしましょう。1分ほどを目安にマッサージを行ったら、ぬるま湯で洗い流します。唇は濡らすと乾燥しやすいので、砂糖スクラブが終わったら保湿効果の高いリップを塗るのがおすすめです。スクラブで浸透力も高まっているので、保湿効果も上がってぷるぷるの唇になれますよ。

 

全身につかえて便利♡

砂糖スクラブ

砂糖スクラブはとても優しい素材で作られているので、言ってしまえば全身に使用することが可能です。お肌の汚れや硬さが気になる部分に積極的に利用してみましょう。ただし、あまり頻度を多くするのは危険です。スクラブの使用は1週間に1回程度がおすすめです。ひじやかかとなど、比較的硬くなっている強い部分の皮膚にはもう少し使用しても構いませんが、顔や唇などは繊細な皮膚です。優しい素材ではありますが、砂糖の結晶は硬いのでお肌を傷めないように気を付けましょう。また、脱毛やムダ毛処理などの後はお肌が敏感になっているので、スクラブの使用は控えてください。

 

砂糖スクラブの作り方

砂糖スクラブ

砂糖スクラブは市販されているものもありますが、自宅で手作りすることも可能です。作り方は大きく分けて3種類あります。

 

・砂糖のみで作る

ブラウンシュガーや上白糖などをそのまま使用します。顔や唇などの繊細な部分には粒子の細かいものを、かかとやひざなどの比較的肌が強い部分には粒子が粗いものを選びましょう。気になる部分に大さじ一杯ほどの砂糖を使用し、濡らしたお肌の上でクルクルと転がしてマッサージします。

 

・砂糖とオイルを混ぜて作る

砂糖とオイルを3:4で混ぜ合わせます。使用するオイルは、オリーブオイルやココナッツオイルがおすすめです。どちらもお肌に優しく、トラブルが起きにくい素材です。可能であれば、食用ではないものを用意しましょう(食用でも大丈夫です)。砂糖だけのスクラブだと汚れは落ちやすいですが、お肌は敏感になってしまいます。オイルを混ぜ合わせることによって、肌から保湿成分が流れ出てしまうのを防ぐことができます。

 

・砂糖とはちみつを混ぜて作る

砂糖とはちみつを1:1の割合で混ぜ合わせます。はちみつは、「食べる美容液」とも呼ばれ、高い保湿力と殺菌・抗菌作用を持っています。にきびなどの肌トラブルにも効果的。基礎化粧品に配合されることも多く、高い美容効果が期待できる素材です。これを加えることで、より健康的な美肌に近づくことができますよ。

 

まとめ

砂糖スクラブ

砂糖スクラブいかがだったでしょうか?砂糖だけのスクラブなら今日作ってチャレンジすることができそうですよね。一般家庭にあるものを使うのでコスパも良く、やりたい時に出来るというのが女性に人気があるようです。また砂糖は甘くて女の子らしいイメージもあります♡ただし、砂糖がついたままだと手などもベタベタになってしまうので洗い残しにはご注意ください♡

 

.

-スキンケア

Copyright© Dressmaker , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.

運営者情報:ライフスタイル株式会社 TEL:0438-97-7383